炭窯(H5~H27)

平成27年12月まで使用していた炭窯です。白老町社台地区の山林の一角に3基造成してあり、当時は年間80tほどを生産していました。 ※現在は解体し整地してあります。

移設前に使用していた炭焼き窯

NO,1  平成5年造成   【施主】(故)大西 勇   【技術指導】(故)浅利伝造氏

【製炭量】約1500kg


NO,2 平成6年造成   【施主】(故)大西 清    【技術指導】布沢 幸氏

【製炭量】約1600kg


NO,3 平成13年造成 【施主】(故)大西 清 【技術指導】布沢 幸氏

【製炭量】約1300kg